田中勝鉄工有限会社・創業昭和3年、鍛造品の品質問題を解決する熱間金型鍛造専門工場
COMPANY INFO会社情報

沿革・主要設備投資

【沿革】

昭和 3年10月 田中勝次郎が個人経営により港区千年にて鍛造業を開始
昭和 6年10月 中区御器所へ工場を移転
昭和13年 7月 中川区福川町へ工場発展のため移転、海軍指定工場となる
昭和34年 9月 法人組織 有限会社田中鉄工所となる
昭和37年12月 創業者 田中勝次郎が逝去
田中恒次が代表に就任し、創業者より「勝」の字を頂き
会社名を有限会社田中勝鉄工とする
昭和50年10月 港区南陽町の無公害団地に工場を移転
昭和52年11月 資本金を1000万円に増資
昭和56年 4月 田中勝鉄工有限会社と社名変更
平成10年 9月 田中澄雄が代表に就任
平成22年 8月 田中恒次が逝去
平成29年11月 田中邦明が専務取締役に就任

【主要設備投資】

昭和53年12月 三和1000型ハンマ導入
昭和58年 6月 重油加熱回転炉(自社製)導入
昭和59年 2月 三和1000型ハンマ導入
昭和59年4月 重油加熱回転炉(加藤製)導入
昭和62年12月 135kwスクリューコンプレッサ2台導入
昭和63年 2月 400tナックルプレス導入
平成 3年 9月 大谷DIEMAX55Eハンマ導入
重油加熱回転炉(自社製)を大型へ変更
平成 9年 8月 大谷DIEMAX45Eハンマ導入
平成10年 1月 三和1000型ハンマOH実施
平成10年 6月 万陽切断機LBS200(200t)導入
平成18年 7月 三井製スクリューコンプレッサー2台導入
平成18年11月 森鉄工 150t切断機導入
平成20年 8月 三和1000型ハンマOH
平成25年11月 3D-CADソフトMYPAC導入
平成28年 2月 日立製スクリューコンプレッサー75kw導入
平成29年 3月 万陽切断機LBS300(300t)導入
創業昭和3年、鍛造品の品質問題を
解決する熱間金型鍛造専門工場
創業昭和3年、鍛造品の品質問題を
解決する熱間金型鍛造専門工場
田中勝鉄工有限会社〒455-0865 名古屋市港区天目町114番地
お問い合わせ
COMPANY INFO
会社情報
採用情報
採用情報

2018 Copyright © Tanaka Katsutekko Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ページへ